NEWS&BLOGADG(香川県高松市)の新着情報・ブログ

香川県高松市のエクステリア&外構は
ADG-アルテデザインガーデン

BLOG

【ADG Indoor Green】ディスキディア・ヌンムラリア

【ADG Indoor Green】ディスキディア・ヌンムラリア

アルテデザインガーデンを訪ねてきたお客様の大半が、扉を開けると同時に「わぁ!」と目を見張り、笑顔になってくれます。それはきっとインドアグリーン・観葉植物たちのお陰だと思っています。皆さんご存じの通りアルテデザインガーデンは、家の外回りであるエクステリアとガーデンのクリエイティブカンパニーですが、観葉植物屋さんと間違われてしまう事もしばしば。

それもそのはず、お店の中はインドアグリーンでいっぱい!世の中にたくさんあるインドアグリーン、その中から選りすぐりをインテリアの一部として置いているんです。【ADG Indoor Green】シリーズでは、皆さんに暮らしに合った一鉢を見つけていただくために、おすすめの観葉植物たちを詳しくご紹介していきます。

アルテデザインガーデンでは、インドアグリーンの飾り方にも工夫を凝らしていますよ。インドアグリーンは床に置くばっかりではありません。お店に入って目線を上にあげると…上からまるで緑のカーテンのようにどっさりと植物が垂れ下がっています。数種類の植物を天井に配置していますが、今回はその中でも一番愛らしい「ディスキディア・ヌンムラリア」についてご紹介!基本情報から特徴、気になる増やし方まで詳しく説明していますのでぜひ最後までご覧くださいね。

【もくじ】
【① ディスキディア・ヌンムラリアの基本情報】
【② ディスキディア・ヌンムラリアの特徴】
【③ ディスキディア・ヌンムラリアの増やし方】
【④ ディスキディア・ヌンムラリアの育て方】
【⑤ まとめ】

【① ディスキディア・ヌンムラリアの基本情報】

〇科属名 ガガイモ科ディスキディア属
〇花期 6~8月頃
(室内で通年管理していると色々な季節に花を咲かせることがあります。)
〇耐寒性 弱い(5~10℃)
〇耐陰性 普通
〇置き場所 日光の当たる室内(直射日光は避ける。レースカーテン越しの日光。)

【② ディスキディア・ヌンムラリアの特徴】

ぷっくりと膨らんだ丸い葉っぱが目を惹きつける「ディスキディア・ヌンムラリア」は、東南アジアなどの高温多湿な熱帯地帯に分布している植物。原産地では樹木などに着生して生きる着生植物なんです。着生植物とは、植物や岩石などの表面にくっついて生活している植物の総称で、土から水分を吸う通常の根の他にどこかにくっつく為の着生根と呼ばれる根が発達しています。ディスキディアもよく観察してみると着生根が生えているのが分かりますよ。この根の役割はくっつくこと。ですのでディスキディアは根への水やりよりも、葉水で過湿してあげることが重要です。

このように本来は樹木に着生する植物ですが、流通しているのはハンギング状の鉢に植えられているものが多いかもしれません。ハンギングの状態で育ててあげると、葉の重みから自然と下へ垂れ下がるように成長しますので個性的で動きのある様子を楽しむことができますよ!そして、かわいい葉っぱばかりに注目されがちなディスキディア・ヌンムラリアの隠れたチャームポイントは花なんです。

ディスキディアの花は品種によって色や形が様々なのですが、ヌンムラリアは米粒より小さな白い花。丸い葉っぱの陰でポツポツと咲くお花を見つけると、なんだか嬉しくなってしまうんですよね!

【③ ディスキディア・ヌンムラリアの増やし方】

春から夏の生育期にかけてグングンと茎を伸ばすディスキディア。あまりにも長くなると日常の取り扱いが大変になりますのでそんな時は頃合いの長さでカットしてあげましょう。カットした茎を使えば簡単にディスキディアを増やすことができますよ。

一般的な方法は挿し木です。10センチ程度の長さに切り取り、茎を斜めにカットします。(切断面が広い方が発根しやすいので斜めにカットします。また切断面がつぶれてしまうと発根しにくくなるので切れ味の良い剪定はさみを使用してくださいね。)切断面を半日ほど水につけて水揚げをおこなったら、土を入れた植木鉢に挿し込んでいきましょう。ただし、茎を直接挿すと切断面がつぶれてしまう可能性があるので、細い棒などで先に穴をあけてから優しく挿し込むようにしてくださいね。

参考までに、アルテデザインガーデンではもう少し気楽にディスキディアを増やしています。カットしたディスキディアから元気な茎を選びだして長さもバラバラのまま、まとめてガラス瓶や花瓶へドボン!そのうち水に浸かっている葉は黄色くなってとれてしまいますがきれいに掃除してあげれば、しばらくは水耕栽培の状態でも楽しむことができますよ。ただしあくまでもこれは一時的な楽しみ方。最終的には土に植え付けるようにしてあげてくださいね。

【④ ディスキディア・ヌンムラリアの育て方】

【④-1 植え付け・植え替え】

鉢底から根が出てきていると、植え替えの合図。4月下旬から5月頃に一回り大きめの鉢に植え替えるようにしましょう。水はけのよい観葉植物用の土などに植え替えるのがベストです。

【④-2 水やり】

土の乾燥には強いのですが、空気中の湿度は高い方を好むのがディスキディア。春から秋口にかけての暖かい季節の水やりは、土が乾いてからたっぷりと。葉水は葉の表や裏からしっかりと、毎日行っても問題はありません。ただし葉水をやる際に土まで湿らさないように気をつけてくださいね。

冬場のディスキディアは生育が鈍り気味。土がしっかりと乾燥してから水やりを行うようにしましょう。葉水は暖かい時期と同様に行うようにしてください。

【④-3 剪定】

ディスキディアは春から秋にかけての生育期に、どんどん茎を伸ばし成長します。

重たすぎて鉢が倒れてしまうこともありますので、適度に剪定を行うようにしましょう。また、黄色く変色した葉やシワシワにしぼんでしまった葉は元に戻ることはありませんので、早めに取り去るようにしてくださいね。

【④-4 肥料】

多くの肥料は必要としない植物です。春から秋の生育期間中に薄めた液体肥料を月に1~2回程度与えるだけでOKです。

【④-5 病気・害虫】
これといった病気はありませんが、葉が密集した状態が長く続くとカイガラムシが発生する場合があります。予防としては適度に剪定を行いつつ風通しの良い場所に置き、葉水を小まめにやるようにしましょう。カイガラムシを見つけた場合は、葉や茎を傷つけないようにやわらかいブラシなどでこすり落とすようにしましょう。

【④-6 夏越し・冬越し】
暑さには強いディスキディアですが直射日光は苦手です。置き場所に注意するようにしましょう。またどんな植物にも言えることですがエアコンの風が常に当たるような場所は避けるようにしましょう。

熱帯地域の植物ですので、冬は大変苦手です。なるべく10℃以上は確保できる室内で育てるようにしましょう。窓際の冷気にあたると葉が黄色くなったりしますので置き場所にも十分注意するようにしてくださいね。

【⑤ まとめ】

いかがでしたでしょうか。

「ディスキディア・ヌンムラリア」をはじめとするディスキディアの仲間たちの良いところは、植え方や設置場所をフレキシブルに楽しむことができるところ。

アルテデザインガーデンのお店のように、天井に渡した足場板の上に置いて垂れ下がる様子を眺めたり、おしゃれなハンギング用の鉢に植えても良いですよね。もちろんテーブルの上に置いても良いし、発根する過程を楽しみながらしばらく花瓶で涼しげに育てることも可能です。

皆さんのライフスタイルにあった育て方で「ディスキディア・ヌンムラリア」を楽しんでみてくださいね!

 

【関連記事】
【ADG Indoor Green】カラテア・オルビフォリア
【ADG Indoor Green】センカクガジュマル

 


【 Profile 】
アルテデザインガーデン株式会社
代表 栗林 宏行

ガーデン・エクステリアの設計施工の専門店【アルテデザインガーデン】代表。
これまで5000件以上の案件の設計を手掛けてきた経験から、トレンドに流されない本質を極めたデザインを提案するためADG Arte Design Gardenを設立 。香川県高松市を拠点に、大阪・兵庫・京都・徳島など他府県の物件も多数手掛た実績を持つ。一般住宅の外構・庭デザインを中心に商業施設ガーデンスペース・公園・街並み計画など、デザイン性を伴う作品を得意とする。

BACK

CONTACTADG(香川県高松市)へのお問い合わせ

家づくりを考えはじめたら、ガーデンエクステリアもできるだけ早い段階で
お気軽にお電話または、お問い合わせフォームよりご相談ください。
エクステリア&外構づくりを一緒に始めましょう。

Tel.087.880.9797

〒761-8076
香川県高松市多肥上町1487-3-1F
OPEN 10:00〜18:00CLOSE 火曜日・水曜日